ジャポニスム2018|Japonismes 2018

  • レクデモ, 公演・コンサート, 展示

  • 2018年12月14日(金)~1月19日(土) | GALERIE IMPRESSIONS

RESONANCES CROISEES 響きの交差

パリ3区にある画廊にてフランス人アーティストのカロリーヌ・トカーと日本人アーティストのユッソン恵美子の作品展を開催。
作品は≪気の道≫(武道)による動きと伝統的な書道とで創作され、抽象的な表現を和紙に描くスタイル。西欧の絵画手法の一つであるミニマリズムと、日本の自然から着想を得た色のコントラストなどを作品を通して感じることが出来る。

また期間中、Ami FUJIWARAによるコンテンポラリー・ダンスの公演(12月19日)、Takeharu NOROによる"気の道"のデモストレーション(1月9日)、Philippe NOTTINによる日本文学レクチャー(1月12日)、ユニットKyによるサクソフォンとアラビアの弦楽器ウードのコンサート(1月16日)、Sumiko HARAによるヴィオラ・ドゥ・ガンブ(旧型のチェロ)のコンサート(1月19日)などのイベントが予定されている。

*12月25日(火)~1月8日(火)は休業。 
 
主催: HUSSON EMIKO

GALERIE IMPRESSIONS(17 rue Meslay, 75003 Paris)